別の記事でmacOS上でICカードリーダの設定、電子証明書の登録を行いました。


今回は、確定申告書を作成後に、e-Taxで送信する流れを備忘録として整理しておきます。

注意:本記事では2017年1月29日時点でe-TaxおよびICカードリーダ製造元がサポート対象としていないmacOS Sierra(10.12.2)を自己責任で使用しています。サポート対象外のバージョンを試される方は自己責任でお願いします。

macOSでe-Tax提出編

最初に

いきなりなんですが、今回は確定申告書の作成作業はSafari10.0.2を使い、 送信作業は(macOS上の)FireFox 51.0.1を使いました。

なぜなら、Safari10.0.2では、送信の過程で出てくるJavaAppletの一部がうまく動かなくて、 私の実力では解決できなかったのでFireFoxのお世話になりました。 まぁ、Sierra上でやっているのでイイのです。

なので、以降の作業は特別記載がない限りFireFox51.0.1上での作業です。

追記:2017/2/2
Safari10.0.3でできたという人がいたので私も確認してみました。できました!

Safariの環境設定→「セキュリティ」ダイアログで「Javaプラグイン」の実行許可設定を設定します。ここで「keizan.nta.go.jp」を「オン」にするだけでなく、「安全なモードで実行」のチェックを外せばできるようになりました。

この「安全なモード実行」をポップアップルメニューに表示させるには、optionキーを押しながらクリックする必要があります。Appleサポートのサイトにも書かれていました。

SS 2017 02 02 15 04 58

最初にJavaのセキュリティの設定

ブラウザを立ち上げる前に「システム環境設定...」→「Java」→「セキュリティ」タブを開きます。 ここで「例外サイト・リスト」に「https://www.keisan.nta.go.jp/」を追加します。

SS 2017 01 29 9 29 39

これを追加しておかないと途中でこんな画面でエラーになり、送信作業のやり直しになります。

SS 2017 01 29 9 28 43

「申告書等の作成」の最後の画面

マイナンバーを入力し、この時点の入力データを保存しておきましょう。 最後に「次へ」をクリックして「申告書等の送信・印刷」作業に移ります。

SS 2017 01 29 8 21 40

申告書等の送信・印刷

まず、送信する申告書等を表示して確認して、次へ進みます。 SS 2017 01 29 8 22 12

取得済みの利用者識別番号を入力する。 SS 2017 01 29 8 22 39 下の方にスクロールして、ICカードをMacに認識させて、次へ進みます。 SS 2017 01 29 8 22 58 このようなセキュリティーのワーニングがでるのでチェックボックスにチェックを入れて実行します。 前述のJavaの設定をしておかないとここでエラーになります。 SS 2017 01 29 8 23 38 すると、このような画面になるので、マイナンバーの人は「番号カード」を選び、次へ進みます。 SS 2017 01 29 8 24 02 さらにこうなメッセージ表示されますので、良く読んでOKします。 どのパスワードを入力するのかややこしいんですよね。 SS 2017 01 29 8 24 25
このダイアログが表示されますので、パスワード入力してOK。 SS 2017 01 29 8 24 32
この画面になりますので確認して、次へ進みます。 SS 2017 01 29 8 24 45 利用者識別番号のパスワードを入力して送信します。 SS 2017 01 29 8 25 14 すると、こんなワーニングがでるので「続行」をクリックします。 SS 2017 01 29 8 25 25
送信できました。 SS 2017 01 29 8 25 32 受信した旨のメッセージ表示されます。次へ進みます。 SS 2017 01 29 8 26 49 ここで送信票兼送付書等の印刷ができます。次へ進みます。 SS 2017 01 29 8 27 15
つづいて、送信後の確認事項が表示されます。次へ進みます。SS 2017 01 29 8 27 46
最後に、送信完了した入力データを保存しておきます。あとアンケートのお願いが表示されます。 これですべて完了です。 SS 2017 01 29 8 28 00

Safariでハマったところ

この画面で「番号カード」を選択して次へ進むと。 SS 2017 01 29 8 17 06 がーん、パスワード入力ダイアログが表示されません。JavaAppletが表示される部分もぽっかり空欄です。 SS 2017 01 29 8 17 42 多少、セキュリティ周りの設定をイロイロ変えて試行錯誤してみましたが状況かわらず、切り分けのためにFireFoxでやってみたらすんなり動いたので、Safari10.0.2に固有な問題なんでしょうか?

以上で

無事にMacOSからe-Taxの送信が完了しました。 Safariでできなかったところは今後の課題ということで。 誰かわかる人がいたら教えてください。

おわり。