双極性障害での休職から復職して3ヶ月が経過しました。

メンタル好調だった1,2ヶ月目から一転して3ヶ月目は苦しい状況が続いています。

復職3ヶ月

メンタル苦戦の始まり

4月の上旬から1ヶ月ほど咳が続いていました。

耳鼻科を受診し、この咳が副鼻腔炎が原因だと判明しました。GW明け2週目の週末。

抗生物質など多数の薬を処方してもらい数日で咳が止まりました。

これで晴れてメンタルもフィジカルも軽快になると思ったのですが...

咳が治まっていくのとは逆に眠気と倦怠感が強くなっていきました。

タイミング的に薬の飲み合わせが怪しいと思いました。下記のエントリです。

遂に撃沈

副鼻腔炎の薬を終了しても眠気と倦怠感は変わらず...

次の週には倦怠感はさらに強くなり、気分も沈んで行きました。

日内変動がとてもはっきりとしていました。

午前中は朦朧とした意識の中で意味不明な不安に襲われベッドの上で動けずにいるのですが、夕方には治まり、普通に起きてコンビニに買い物に行って食事したりテレビを楽しく観ることもできました。

午前中に動けないので出勤もできず、急遽メンクリを受診しました。

主治医から副鼻腔炎が長引いてフィジカルが弱っていたところでエビリファイを中止してしまったことが影響しているかもしれないし、気分のサイクル的に下降気味な可能性もあると言われました。

たしかに、GW前にテンション高くなり始めていたのでGW明けにエビリファイを中止していました。

エビリファイを復活させて様子をみることにしましたが、効果が出てくるのは1,2週間はかかるとのこと。

結果的に5月22日の週は丸々1週間出勤できませんでした。

ちなみに、副鼻腔炎の薬デキストロメトルファンとの飲み合わせは悪くないとのこと。同じ薬局で調剤してもらっているのだから当然か...

メンタル落ち着くも今度は腰痛

翌週も倦怠感は残っていましたが、1週間の休養とエビリファイの再開でだいぶ落ち着いてきました。

しかし、今度は持病の腰痛が一気に酷くなりました。いわゆるギックリ腰です。

メンタルが不調だから腰痛が表面化したのか、季節の変わり目だからなのか。原因は定かではないですが、タイミング悪い。

せっかく、なんとか月火水と出勤したのに、木金は腰痛が耐え難くて休暇をとりました。

でも、職場からすればメンタル不調が原因と思われているでしょうね。

これが先週のことでした。

来週から復職4ヶ月目

腰痛は最悪の状態は脱して、メンタルも復調傾向なので、来週からは普通に出勤できそうです。

ただ、遅れをムリに挽回しようとか意気込みすぎずに、マイペースで抑え気味に行こうと思ってます。