6週間が終わりましたが、安定しているんだと思います。ただ、睡眠時間が少し短めになってきて、朝ヤケにスッキリ目が覚める日が多くなってきたのがちょっと気がかりですが。

低め安定中

前回の復職後の1ヶ月とくらべて

前回の復職は2016年5月31日。復職前にやる2週間の試験出社期間も心身ともに絶好調。 試験出社は職場の席を借りて個人練習をすることのみが許されているので業務はできません。それがもどかしくて、とにかく早く仕事がしたくてたまらない状態でした。

このとき既に軽躁気味だったのだと思います。

そして3週後の6月中旬には、攻撃的過ぎてちょっとおかしいと周囲も思いはじめていたようです。

そんな状態が続き、6月末にかけて何度かヤラカシてしまい、それらを踏まえて双極性障害の診断を受けました。

今回は、そんな前のめりになる感じはほとんどなく、淡々と、穏やかに過ごすことができています。

既報のとおり、多少の気分の波はありますが1〜2日で元のニュートラルな状態に戻るので、病気ではない人が感じる気分の上げ下げと同程度の当たり前のことなのだと思います。

今の実感として

今現在、自分で一番実感しているのは「言動が落ち着いている」という点です。

私は、どちらかと言うと早口で、テンションが上がると攻撃的になってしまって、人の話を遮ってまで話すようなところがありました。

今は口数こそ減ってはいませんが、話すスピードや話し方が穏やかになっていて、人が話しているのを聞いてから話せるようになっていると感じます。

おそらく、周囲の人もいろいろ配慮してくれているのだと思いますが、それにしても落ち着いてるなぁと思います。

前回の躁転したときの教訓を踏まえているところもありますが、やはり気分安定薬のラミクタールとエビリファイの効果が大きいんだろうなぁと思います。

さいごに

今日は自立支援医療(精神通院医療)の申請のため午前休を取りました。10分もかからず手続きが終わりまして、10時前には会社についてしまいましたが。

こんな風に計画的に休暇を取るのはいつ以来でしょうか。

記憶に残っている限りでは、できるだけ休暇は温存しておいて、メンタル不調になったときに突発的に休暇を取る、ということがほとんどでした。

今は、自分としても、周りから見ても、見通しがつきやすくて、先が読みやすい、計算に入れられる人になっているのかなぁと思います。

まぁ、ごく普通なのかもしれませんけど、普通って大切なんだと思ってます。